スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
猿でも分かるブレーキフルード交換
 今回はブレーキパッドのみの交換と思っていましたが、あまりにも早く終わってしまったのでブレーキフルードの交換もしてみたいと思います。フロント部の開け方は省略します。


突然ですが、フロント部を取り外しました。
このままではリザーバータンクの蓋を開けられません。
はっきり言ってこの黒い部分を取るのが面倒なんです。なんとかとらないで作業を進めます。
sxbr-110.jpg

我が家の一番短いプラスドライバーの工具です。、、、、、でもダメです回せません。
sxbr-111.jpg

ドライバーの先の部分を取り外してロッキングプライヤーでつかみます。この工具本当に便利なんです。絶対1本は揃えて欲しい工具です。
sxbr-112.jpg

これで楽勝で回せます。
sxbr-113.jpg

はい、緩みました。
sxbr-115.jpg

蓋を開けるとまた蓋が
sxbr-123.jpg

はい、取りました。
sxbr-124.jpg

うわ~真っ黒、こんなに変色しているとは
sxbr-126.jpg

フルードとパイプと注射器です
sxbr-116.jpg

ブリーダプラグのゴムを外し
sxbr-120.jpg

ブリーダプラグにメガネレンチを入れて
sxbr-121.jpg

パイプと注射器を接続します
sxbr-122.jpg

メガネレンチを左に90度ほど回し注射器で吸い出します。
リザーバータンクのフルードが半分くらいになったら、新しいフルードを一杯まで入れてまた注射器で吸い出します。3回もすると出てくるオイルは奇麗な色になったらメガネレンチを右に回してブリーダプラグを閉じます。
sxbr-127.jpg

注射器が無くてもペットボトル等にパイプを入れて
ブレーキレバー握って → メガネレンチを少し左回し → オイル出たら → メガネレンチ右回して閉めて → ブレーキレバー戻す
これを繰り返してもかまわない。
sxbr-129.jpg

こんな奇麗になりました。
sxbr-128.jpg

リザーバータンクの蓋さえ開けれれば5分もかからない作業である。ブリーダープラグを緩めたままブレーキーレバーを放すと空気が入るのでそれだけ注意すれば猿でもできる作業である。下り坂でブレーキをかけて5分も走るとブレーキローターでたまご焼ができるほど熱くなる部分とピストンだけで接しているのでエンジンオイルの次にシビアな部分である。
購入して7年、考えてみれば今回交換して良かったと思う。
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

[2015/06/04 21:09 ] | シグナスX | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 猿でも分るプレーキパッド交換>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

潜らずにオイル交換!これなら作業は楽チン!!!手軽にエンジンオイル交換!手動式オイルチェ...

潜らずにオイル交換!これなら作業は楽チン!!!手軽にエンジンオイル交換!手動式オイルチェ...
価格:2,950円(税込、送料別)                   ☆絶対安いと思う☆

トラックバック
トラックバック URL
http://naughtymonkey.blog99.fc2.com/tb.php/281-ff50854f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。